【個人事業主専門の利益戦略】起業3ヶ月で月収100万円を稼ぐ方法

このブログでは、個人事業主に向け、起業して3ヶ月で月収100万円を達成させる為の、売れるコンテンツ作成、ブログ×メルマガ集客、感謝されるクロージング法を惜しむ事無くお伝えします。

3年後を想い描き毎日ドキドキしてるか?

個人経営者が取り組むべきは、

お客様にとって高付加価値の

高額サービスの開発である。

そこに気付けるかが不可欠であり、

「高額サービス売れない」と言う

先入観を捨て切れるかが最大の焦点になる。


from 起業トータルコーディネーター「清水宣行」
~皆様との出会いに感謝~

こんにちは、清水宣行です。

今日もご覧頂きありがとうございます。

 

……………………………………………

初めての方は、こちらをご覧下さいね。

「起業の総合案内所」

起業トータルコーディネートのご案内

……………………………………………

 

-----------------------------------

ドラマ「リバース」が、なぜこんなに

人を惹きつけるのか?

-----------------------------------

ドラマ「リバース」については、

このブログで一度触れた事があるが、

人を魅了するストーリーが素晴らしい。

 

前回のブログがこちら。

ドラマ「リバース」から導くコンサルタントのあるべき姿

 

他の人がどう捉えているのかは不明だが、

私はストーリーに釘付けだ。

 

既に7話の放送が終了したが、

毎回次を楽しみにされられる。

 

流石、

湊かなえ」先生。

 

このドラマを見ていると、

人はストーリー好きなんだと、

いつも思わされる。

 

始まる前に「ドキドキ」

見てる間も「ドキドキ」

次の予告で「ドキドキ」

 

見終わった後にいつも思う。

経営こそ常に「ドキドキ」が

必要なのだと。

 

 

-----------------------------------

「経営=ストーリー」

3年後の目標を明確にする。

-----------------------------------

こと、経営における「ドキドキ」

とは何なのか?
 
答えは1つ。
 
「この会社を3年後どうしたいのか?」
が明確で、それを達成させるために、
1つずつ階段を上っている状況だと思う。
 
起業し立ての社長が、
5年後や10年後にどうなっていたいのか?
 
長期的な目標を立て、
足下の利益も出せている状態が
最も素晴らしい状況だとは思う。
 
しかし、
そこまで明確な目標を立て、
順調な経営が出来ている人間は少ないだろう。
 
とりわけ、私は出来ていない。
 
ただ、
3年後の目標までは明確になっている。
 
そして、
その目標に向かい、今ある階段を着実に
上っている。
 
正直、
毎日「ドキドキ」している状況だ。

-----------------------------------

中長期的な目標を掲げ、

今何が出来るのかを考える。

-----------------------------------

目標を掲げるとは、
どのような状態を指すのか?
 
それは、
「あなたのゴールは何ですか?」
と聞かれたら、明確に答えられる状態のこと。
 
私は、
 
3年後「ビジネス教室を運営している」
2年後「起業コンサル養成講座を開催している」
本年度「1,000万以上の収益を上げている」
 
と、即答している。
 
私の周りに
食えないコンサルタントがいない状況を
3年後に実現したい。
 
そんな夢を持って取り組んでいる。
 
あなたの夢や目標は何ですか?
 
 
まだ、不明確でしたら、
空き時間にでもこちらをご覧下さい。
きっかけをつかんで頂けると思います。
 

……………………………………………

「起業の総合案内所」

起業トータルコーディネートのご案内

……………………………………………

今日もありがとうございました。

 


経営者ランキング