【個人事業主専門の利益戦略】起業3ヶ月で月収100万円を稼ぐ方法

このブログでは、個人事業主に向け、起業して3ヶ月で月収100万円を達成させる為の、売れるコンテンツ作成、ブログ×メルマガ集客、感謝されるクロージング法を惜しむ事無くお伝えします。

連休最終日の憂鬱から抜け出すには

------------------------------------------
from 起業トータルコーディネーター「清水宣行」
~皆様との出会いに感謝~
------------------------------------------

 

■人との出会いを求めて

こんにちは、清水宣行です。
今日も見ていただいてありがとうございます。

起業してから最も大事にしている事
「人とたくさん会うこと」
これが、私のテーマです。

本日は、「最終日。いつもなら」

 

■家族3人で

 

付近の公園で遊んできた。

 

 

妻と息子が

虫取りに夢中。

 

暖かくなってきた証拠。

 

あいにく、

天気が曇っていたので、

写りが良くないが、

いつもなら、風景が素晴らしい公園。


ゴールデンウィークの最終日

 

「いつも」なら、

憂鬱でしょうがいない。

 

その、いつもとは。

=「会社員時代」

ということ。

 

連休の最終日が憂鬱になるのは、

・明日から仕事だ

・週明け早々打合せだし

・明日の準備をしていない

・嫌いなあの上司と会いたくない

・小生意気な後輩と会いたくない

 

などなど、

会社員特有の課題が

「憂鬱」の正体。

 

 

■起業をすると、

 

会社員特有の課題は、

一切なくなる。

 

それだけでも、

私は起業してよかったと思う。

 

というのも、

会社員時代は、

人間関係に苦労し続けてきた。

 

特に、

1社目では、この平成の世で、

「派閥争い」に巻き込まれ、

行き場を無くした経験もある。

 

それでも、

家族のためにと考え、

必死に我慢してきた。

 

今考えれば、

その時代の

連休最終日など、

「この世の地獄」だと思った。

 

■起業と会社員

 

どちらにも、「利点」はある。

 

ただし、

連休最終日の気持ちにおいては、

雲泥の差だ。

 

それも、

「利益が出ている」事が重要。

 

そうでなければ、

穏やかな連休を過ごすことができない。

 

おそらく、

会社員で居続けたい!!!と、

 

「心から喜び」

「心から幸せ」を感じている人は、

少ないのでは?と思う。

 

ゴールデンウィークもあとわずかですが、

起業後、どのように利益を上げるのか、

そんな、ヒントにして頂ければ嬉しいです。

 

 

まずは、こちらをご覧下さいね。

 

今日も最後まで見て頂いてありがとうございました。

 


経営者ランキング