【個人事業主専門の利益戦略】起業3ヶ月で月収100万円を稼ぐ方法

このブログでは、個人事業主に向け、起業して3ヶ月で月収100万円を達成させる為の、売れるコンテンツ作成、ブログ×メルマガ集客、感謝されるクロージング法を惜しむ事無くお伝えします。

高い技術力に隠された販売力の低下

「お客様レポ」

高い技術力に隠された販売力低下

 

個人経営者が取り組むべきは、

お客様にとって高付加価値の

有力コンテンツの開発である。

 

そこに気付けるかが不可欠であり、

「高単価商材は売れない」と言う

先入観を捨て切れるかが最大の焦点になる。


from 起業トータルコーディネーター「清水宣行」
~皆様との出会いに感謝~

こんにちは、清水宣行です。

今日もご覧頂きありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方は、こちらをご覧下さいね。

「起業の総合案内所」

起業トータルコーディネートのご案内

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

-----------------------------------

会社を成長させた確かな技術力。

-----------------------------------

昨日お会いした、

IT企業の社長の話。

 

久しぶりに、

能力の高さに劣等感を感じた。

 

学生起業を果たし、

その会社を成功に導いている。

 

天才の強みは、「確かな技術力」

 

 

今は経営に専念しているが、

起業当初から拡大時期は、

技術者として様々なサービスを

開発していた。

 

その技術力は、

社員にも受け継がれ、

様々な企業のインフラを開発されている。

 

-----------------------------------

裏付けされた、確かな技術力の

陰に隠された「天才の苦悩」

-----------------------------------

 

そもそも

社会人経験が無く、

立ち上げた企業を成功させているので、

 

天才の悩みは、

「組織と人の成長」

 

技術チームは、

天才の得意分野なので、

組織として成り立っている。

 

しっかりと、

PDCAがサイクルされ、

新しい案件にもすぐに取りかかれる。

 

優秀な企業だ。

 

また、

天才は次のビジョンも考えている。

 

大手キャリアと共に、

新時代を切り開く新しいビジネスを

開発しようとしている。

 

だからこそ、

プレイヤーの仕事は現場に任せ、

戦略家として色んなビジネスを

手掛けていきたい。

 

-----------------------------------

技術力と反比例している

営業能力の低さがもたらす経営課題

-----------------------------------

問題は「営業」

 

強みが技術力というのもあり、

リソースの大半は技術者。

 

営業の人数は一人。

 

天才も自分で営業しながら、

案件を獲得しているという。

 

経営課題は、

一言で言えば「任せられない」

 

話を聞けば確かにと

納得してしまう。

 

・何も考えていない

・飲んで仲良くなればよい

・KPI設定ができない

・数字が読めない

 

など、

法人営業として持つべき

「理性」が何もない。

 

確かに、

お客様と仲良くなって受注する、

感性の営業は重要。

 

それは、

天才も私も分かっている。

 

しかし、

扱っている商品が

1,000万円を超える高額商材。

 

人付き合いだけで受注できるほど、

今の日本は「バブル」ではない。

 

天才の希望は、

「営業組織の構築」

「営業マンの成長」

 

私が最も得意としている分野。

 

必ずこの企業を飛躍的に拡大させていく。

 

今日も最後まで見て頂いてありがとうございました。

 


経営者ランキング